原発ゼロノミクス事例集

原発にたよらずにビジネスや雇用を生み出す取り組み、原発から撤退する動きは既に世界各地に広まっています。
他にもご存知の事例や商品がある方はぜひコメント欄からお寄せください!

【国内】
■ 経済産業省による「新エネ百選」~ あなたの地域で新エネ導入! 優良事例が揃ってます
■ 市民風車(東日本全域)
■ 「小水力発電技術開発促進モデル事業」を推進(富山県)
■ 自然エネルギー自給率160%の葛巻町(岩手県)
■ 節電・電力切り替えで「トクする」電気をカエル計画
■ 小田原再生可能エネルギー事業化検討協議会
■ おひさま0円システム(長野県飯田市)

【国外】
■ 「世界自然エネルギー未来白書2013」に事例が豊富に掲載されています。
■ 英国のCentrica社は、英国における原子力発電所の新設計画に出資しないことを決定
■ドイツ電力大手2社英国での原発開発から撤退
米原発、相次ぎ閉鎖=電力業界、投資慎重に-シェール革命でガス優位
■ グーグル、フェイスブック、アップルが自然エネルギーに切り替える理由
■ フォルクスワーゲンなどドイツの大手企業、次々と自家発電に大規模投資
■ サムソ島(デンマーク)
100%自然エネルギー実現の中心となったサムソ環境エネルギー事務所から発展し、現在は世界各地の自然エネルギーの国際的なネットワークの中心としての役割を果たしている。
■ ダルデスハイム(ドイツ)
地域のオーナーシップで100%自然エネルギーを達成。
■ ティステッド(デンマーク)
電力需要の100%以上、熱需要の80%を自然エネルギーでまかなっている。農業・酪農が中心のこの地域では、地域住民が所有する風力発電が立ち並び、畜産廃棄物を使ったバイオガスの利用も盛んにおこなわれている。
■ その他、海外でのコミュニティパワー事例集はこちら

広告

原発ゼロノミクス事例集」への45件のフィードバック

  1. たろう

    送電網の壁で、風力発電が伸び悩んでいる。「事態打開のために環境省は、送電線が整備されれば風力発電所の新設が期待できる地域探しを進めたり、送電線の効率的な建設方法を検討したりする。経産省は、風力発電に適しているのに送電線が足りない北海道北部で、送電網を整備する事業者への補助を始める。」そうです。
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/news/CK2013021002000092.html

    返信
  2. nonukeフレンズ

    これ、仕組みがわからないので、本当かわからないですが、こんな商品がありました。イノベーションのチャンスが続々と到来していますね
    置かれた飲み物の温度を利用して携帯電話を充電できる発電装置「Epiphany onE Puck」
    http://commonpost.info/?p=60833

    返信
  3. たろう

    自然エネ100%めざす八丈島 「地熱3倍」都知事構想
    エネルギー自給率がわずか4%の日本国内で、自給率100%をめざす島がある。東京都心から約300キロ離れた八丈島。都や町、専門家がタッグを組み、地熱や風力など再生可能エネルギーの利用を広げ、エコな島として売り込む計画だ。
    http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20130210-00000011-asahi-soci

    返信
  4. 田中一

    農業・農村の力で日本再生へ 再生可能エネルギー

     現在、総発電電力量の1%にすぎない再生可能エネルギーの発電量(大規模水力を除く)を2030年までに21%に高める計画。12年7月から始まった再生可能エネルギーによる発電電力の固定価格買取制度で、全国各地で新たな発電事業が取り組まれている。脱原発の議論が高まる中、再エネの目標はさらに高まると見られる。

    鳥取県が環境イニシアティブプラン 農業での導入を支援。。。。
    http://www.nca.or.jp/shinbun/about.php?aid=4472

    返信
  5. mira

    高知県内企業の機会担保 メガソーラー
     県は12日、メガソーラー(大規模太陽光発電所)事業を官民出資型で展開する独自スキーム「地域還流メガソーラー発電事業」の実施要領をまとめ、第1弾となる安芸市の事業に参加を希望する民間企業の募集を始めた。参加要件を通じて、県内企業の参入機会を担保したのが特徴。
    http://203.139.202.230/?&nwSrl=298869&nwIW=1&nwVt=knd

    返信
  6. 匿名

    シスコのスマートグリッドソリューション
    シスコのスマート グリッド ソリューションは、電力会社に次のような利点をもたらします。

    電力需要/供給の相関関係を向上させて送電網の利用効率を最適化する
    電力供給の停止/中断リスクを軽減する
    電力システムの復元力とセキュリティを強化する
    環境の持続性を向上させる
    http://www.cisco.com/web/JP/solution/industries/energy/smart_grid_solution.html

    返信
  7. 安部

    こんなのもあります。電力不足に光明、次世代半導体SiCの秘める力 原発8基分の効果も。
    2012/8/27 7:00 日経産業新聞から。http://www.nikkei.com/article/DGXNASDD230LG_T20C12A8000000/

    返信
  8. 安部

    パナソニック
    「エコ見える化システム(BEMS※1バージョン)」を発売
    多拠点(最大1,000ヶ所)のエネルギー使用量を一括集計し、企業全体のエネルギー使用量を集中管理します。各種トレンドグラフ等による分析、使用実績に基づく予測シミュレーション等の機能を提供します。
    http://panasonic.co.jp/corp/news/official.data/data.dir/2012/07/jn120711-1/jn120711-1.html

    返信
  9. ミラ

    「電力OB・社員が連絡会で訴え 経営改善 廃炉こそ」
    全国の電力会社の元社員らが、脱原発を実現しようと全国連絡会をつくった。電力会社が、コストのかかる原発を持ち続けることは、会社経営のリスクとなり、消費者の電気料金にも跳ね返るという。9日、山形県鶴岡市で開かれた初めての勉強会に集まったOBや現役社員の思いを聞いた(東京新聞)
    http://www.tokyo-np.co.jp/article/tokuho/list/CK2013021402000143.html

    返信
  10. mira

    市民ファンド『地域に住まう“みんな”で創る、地域のための再生可能エネルギーの普及』
    静岡市で「市民ファンド」による太陽光発電事業がスタート。
    「しずおか未来エネルギー株式会社」http://s-miraienergy.com/

    返信
  11. みねふじこ

    「太陽光発電のコストを5分の1に、エネルギー変換効率40%への挑戦」という記事をご紹介します。
    再生可能エネルギーの中で最も有望視されている太陽光発電だが、光から電力を生み出す効率が低く、発電コストが高い点に課題がある。シャープは従来の2倍以上のエネルギー変換効率を発揮できる太陽電池の開発に成功した。2030年には発電コストを現在の5分の1に低減できる見通しだ。

    返信
  12. みねふじこの母

    熊本県からもこんな情報がありました。
    県は、県民の出資で自然エネルギーによる発電会社の設立を目指すことを決め、新年度当初予算案に調査費900万円を計上した。九州電力にすべて売電し、出資者に分配金を払う構想。こうした取り組みは市町村レベルではあるが、都道府県では珍しい。2014年度内の会社設立を目標にしている。
    http://www.yomiuri.co.jp/e-japan/kumamoto/news/20130218-OYT8T01409.htm

    返信
  13. zeronomikuma

    【原発ゼロノミクスはもうはじまっている!】<エネルギー再考>生協も市場参入へ 電力の「安心・安全」を産直 http://www.tokyo-np.co.jp/article/living/life/CK2013022502000136.html

    返信
  14. ピンバック: 原発ゼロノミクスキャンペーンの概要 | 原発ゼロノミクス

コメントを残す

以下に詳細を記入するか、アイコンをクリックしてログインしてください。

WordPress.com ロゴ

WordPress.com アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Twitter 画像

Twitter アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Facebook の写真

Facebook アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

Google+ フォト

Google+ アカウントを使ってコメントしています。 ログアウト / 変更 )

%s と連携中